ハイドロキノンを配合した美白クリームはコレがオススメ!

おや?ハチが新しい情報をみつけてきたみたいだよ。
確認してみよう!

ハイドロキノンが配合された美白クリームについての情報だよ。
・目立つシミを解消したい
・市販の美白クリームを試したけれど、全然効果なかった

なんて方はチェック!

頑固なシミも肝斑も、強力に解消へと導いてくれる「ハイドロキノン」。

ハイドロキノンって、シミ対策で有名な成分ですよね。
美白ケアに興味がある方の中には、知っている方も多いのではないでしょうか?

こんな悩みを抱えている方は、ハイドロキノン配合美白クリームがおすすめですよ!

  • 頑固なシミ
  • 全然消えないシミ
  • 増えていくシミ

ハイドロキノン配合のおすすめ美白クリーム!

ハイドロキノン配合の商品って、本当に色々ありますよね・・。

どの商品が良いのかわからない!
なんて方もいると思います。

そこで、私がおすすめするハイドロキノン配合美白クリームをご紹介します!

ビーグレンQuSomeホワイトケア


2016年にパワーアップしてリニューアルしたハイドロキノン配合の美白クリーム。

低濃度のハイドロキノン配合なので、危険性も低く抑えられています。
また、独自の製法によって「安定性」や「持続性」「浸透性」を高めることに成功。

低濃度でありながら、しっかり美白を目指すことができるのが特徴です。

実は、ハイドキノンはもともとお肌に浸透しにくいという特徴があります。
「ビーグレンQuSomeホワイトケア」は浸透性がグンと高まっているので素早く、角層まで行き渡るようになっています。

 

プラスナノHQ


高濃度(4%)のハイドロキノンを配合しているプラスナノHQ。

シンプルにハイドロキノンの凄さを体感したい方にオススメです。
ただ、高濃度なので、「肌荒れ」「赤み」などのリスク高いです。

肌のキメを整えるポリフェノールや保湿成分のセラミドも配合していますが、敏感肌やアレルギー肌の方は使用しない方が良いかもしれません。

ハイドロキノン配合の美白クリームの特徴

そもそも、ハイドロキノンとはどんな成分なのか、デメリットや危険性はどれくらいなの?

などなど・・。

ハイドロキノン配合!美白クリームとか言われてもどれくらい凄いのかよくわかりませんよね。

そこで、「ハイドロキノンとはどんな成分」なのか、「危険性はどれくらい高いのか」についてまとめます。

ハイドロキノンは美白効果が高い成分

ハイドロキノンには、チロシナーゼと呼ばれる黒色メラニンを生成する酵素の働きを抑える効果があり、メラノサイト(メラニンの工場)そのものを減らす働きがあります。
そして還元作用により出来てしまったメラニンの色味を薄くしてくれます。

「こくしょくめらにん」と「かんげんさよう」とか、もっとわかりやすく教えてほしいなあ。

メラニンは、シミの元凶。
そして、そのメラニンを作るのが「メラノサイト」。

ハイドロキノンは、この「メラノサイト」に直接働きかけるんです。

メラニンの工場を減らして、なおかつメラニン自体も減らす。
さらに、さらに、メラニンの色も薄くする。

それがハイドロキノンという成分。

ハイドロキノンの最大の魅力は、シミに強力に作用する点なんですね。

実は、「シミ自体を消す力」を持つ成分は、ハイドロキノン以外存在しません。

たとえば、「アルブチン」や「ビタミンC」。

この2つの成分もシミに効果があると言われていますが、できてしまったシミは消せません。
ターンオーバーの力を借りて、シミの解消を目指します。

ハイドロキノンは、ターンオーバーの力を借りずに、直接作用します。
なので、アルブチンやビタミンCの何十倍もの効果があると言われているんです。

でもデメリットもある!ハイドロキノンの危険性

これだけ美白効果が強いなら、なんでハイドロキノンが配合されていない商品があるの?

2%配合とか言ってないで、もっともっといっぱい配合すればいいのに!!
なんて、思っちゃいますよね。

実は、ハイドロキノンにも大きなデメリットがあるんです・・。

それが「刺激が強すぎる」という点。
効果も強ければ、危険性も高いってことですね・・。

肌への負担が大きすぎるため、この美白化粧品にも、あの商品にも配合させちゃおう!

とはならないんです。

ハイドロキノンがどれくらい強いのかと言うと、塗布した瞬間から、「かぶれ」「赤み」「かゆみ」といった症状が現れます。
もちろん、肌が強い方もいるので、人によっては「何も起きなかった」なんて方もいると思います。

また、一部のメラノサイトの働きが極端に弱くなり、肌に白い斑点(白斑)ができることもあります。

このように、ハイドロキノンは、様々な副作用があるんです。
そんな事もあって、厚労省(厚生労働省)では2%以上の配合を禁止しているくらい。

それ以上配合する場合は「医薬品や医薬部外品」になるんだね。
ちなみに、ヨーロッパでは「発がん性ある」ということで、使用自体が禁止されているよ。

ハイドロキノンはとても魅力的な成分ですが、デメリットや危険性も大きいということは覚えておきましょう!

敏感肌や乾燥肌など肌トラブルを抱えている方は「ハイドロキノン」無配合の美白クリームがおすすめ

美白ケアに興味のある方には非常に魅力的なハイドロキノン。
でも、敏感肌や乾燥肌など肌トラブルを抱えている方にはおすすめしません。

リスクを抱えながらの美白ケアは、意味がないと思います。
美白になりたいのに、逆に肌荒れを引き起こしてしまっては元も子もありませんからね。

そこでおすすめしたいのが、ハイドロキノンを配合していないけれど、優れた美白効果が期待できるクリームです。

ハイドロキノンを配合していないオススメの美白クリーム

ハイドロキノンを配合していない美白クリームで、私が一番おすすめしているのが、「シズカゲル」。

シズカゲルは、ハイドロキノン誘導体である「アルブチン」を配合しています。

アルブチンはハイドロキノンの強力な美白効果を参考に、開発された成分。
一番のメリットは、ハイドロキノンほどではないものの、美白効果がとても高い。

それなのに、危険性も低い。

厚労省も美白成分として認可されている正真正銘の「美白成分」です。
敏感肌や乾燥肌の方も安心して美白を目指すことができるんです。

シズカゲルの口コミは悪い?【画像あり】シミに効くって本当なの?

まとめ

一度できてしまったシミを解消するのはとても大変ですよね。

すぐにシミを解消できる「ハイドロキノン」は魅力的だけど、副作用が怖い・・。
メイクでは、カバーできないほど肌が荒れてしまったら元も子もありません!!

だからといって、そのままほっとくわけにもいきません・・・。

あなたの肌質に合った美白ケアをしていきましょう!

  • お肌が強く、肌トラブルはないという方は、ハイドロキノンを配合した強力な美白ケアを!
  • お肌が弱い、肌トラブルを抱えているという方は、アルブチンを配合した優しく時間をかけて美白ケアを!