化粧下地の色が合わない!正しい色の選び方を紹介!

あ!ハチがなにか持ってきたよ。
なんだろう、見てみよう!

化粧下地の「色が合わない」「正しい色の選び方」についての情報だよ。
なんか色が合わないんだよなー化粧下地を新しく買い替えたいなあ。なんて方は要チェック!

 

メイクの前に化粧下地を塗るのはもはや常識。
下地ありとなしではメイクの仕上がりがぜんぜん違ってきます。

でも、化粧下地の色と、自分の肌の色が合ってない。

なんて方も実は多くいます。
せっかく購入したのに、色が合わなかったなんて最悪ですよね・・。

しかも、「せっかく買ったかんだから、とりあえずなくなるまで・・。」
と、合わない色の化粧下地を使っている方も多いです。

でも色が合っていないと、肌がくすんで見えたりメイクがなんとなく浮いてしまうなんてことがあります・・。

そこで今回は、化粧下地の色の特徴から、選び方のポイントなどをご紹介していきます!

あなたは何色?あなたに合う化粧下地はコレ!

化粧下地には、ピンクやイエローなどさまざまなカラーがありますよね。
それぞれのカラーによって、仕上がり時の雰囲気が大きく変わってきます。

  • 可愛くキュートに、だったり
  • 逆にクールにアンニュイに、だったり・・。

しかし、化粧下地の効果はそれだけではありません。

  • くすみ、シミのカバー
  • 血色の悪さをカバー
  • 赤み、ニキビ跡をカバー

など、肌トラブルをカバーする効果もあるんです。

そんな重要な化粧下地。
もし、肌に合わない色を選んでしまうと、思っていた効果が出ないばかりか、逆に顔色が悪くなったり、化粧ノリが悪くなるなんてことも・・。

化粧下地の色は本当に重要ですよ!
あなたが「なりたい印象」「カバーしたい肌トラブル」をしっかり考えて選ぶようにしましょう!

「血色が悪い」をカバー!キュートな印象を作りたい!

血色が悪い方におすすめなのはピンク系の化粧下地です。
他に、ピンク系の化粧下地がオススメな方はこんな感じ。

  • 疲れが肌に出やすい
  • 肌の色を明るくしたい
  • 明るい印象をつくりたい
  • 健康的な肌色にしたい

すっぴんで色白だったり、元々血色が悪い方は、メイクをしてもなんか「不健康な感じ」になっちゃいますよね。

ピンク系の化粧下地は、「より健康的に」「より明るく」魅せる効果があります。

また肌色が元から暗い方にもおすすめ。
ピンク系の化粧下地を使うことで、パッと明るくなりますよ。

さらにより健康的に、可愛く魅せたいのなら、同じピンク系のチークを使うことでキュートで可愛らしい印象を作ることができます。

こんな方は合わないかも?

肌色を明るくし、健康的に見せてくれるピンクの化粧下地。

でも、元から「赤ら顔」の方は合わないかも。

というのも、もともと赤ら顔の方が、ピンク系の化粧下地を使うと、余計に赤みが目立ってしまうんです。
どうしても使いたいのであれば、赤い部分を避けて部分的に使うようにしましょう。

迷ったらコレ!どんな肌でも合う色!

化粧下地はいろいろなカラーがありますが、その中でも「イエロー」は一番失敗しにくく無難な色です。
黄色人種である日本人の肌色に馴染みやすく、明るく健康的な肌に仕上げてくれます。

特に、こんな悩みを抱えている方におすすめ!

  • シミ・そばかす
  • クマ・くすみ
  • 肌の色ムラ…等

こんな方は合わないかも?

万能ともいえるイエローの化粧下地。
でも、肌の色が黄色っぽくくすんでいる方にはオススメできません。

というのも、イエローの化粧下地を使うと、もっと黄色いくすみが目立ってしまうんです。

「たるみ」や「小じわ」を光で撃退!

肌のくすみや血色の悪さなどに悩んでいる方は、オレンジの化粧下地がオススメ!

こんな方もオレンジ系の化粧下地がおすすめです。

  • ほうれい線
  • 小じわ
  • 肌のたるみ
  • ピンク・イエローの下地が合わなかった

オレンジの化粧下地はイエローに近い色で、私たち日本人の肌色にとってもなじみやすい。
そのため、肌に自然な明るさをプラスすることができます。

くすみを解消したり、小じわやほうれい線を薄く見せる効果も期待できます。
イエローやピンクだといまいちだったなんて方は、オレンジの化粧下地がぴったり合うかも?

こんな方は合わないかも?

女性の敵「シワ」をカバーするオレンジ系の下地。
でも、赤ら顔の方には合わないかも?

というのも、赤ら顔の方がオレンジの化粧下地を使うと、より赤みが目立ってしまいます。
またクマが濃い方も、オレンジ系の下地を使用することで悪目立ちしてしまう場合があります・・。

実は万能?「くすみ」や「血色の悪さ」をカバー!

肌のくすみや血色の悪さをカバーしたいなら、ピンクとブルーの中間色であるパープルがオススメ。
パープルの化粧下地は次のような悩みを持つ方に向いています。

  • 上品な印象を作りたい
  • 肌に透明感が欲しい
  • 血色をよくしたい
  • 女性らしさをアピールしたい

また、ピンクだと顔全体がはれぼったく見えたり。
でも、ブルーでは不健康に見えてしまう・・。

なんて方は、パープルを試してみるとしっくりくることが多いですよ。

こんな方は合わないかも?

パープルは、ピンクとブルーの良いところを併せ持っていますが、もともと肌色の悪い方は合わないかも・・。

というのも、肌色が悪い方がパープル系の下地を使うと、なんだか不健康そうな印象になってしまいます。

「赤み」「ニキビ」を隠したい!赤みを徹底的に抑える!

肌の赤みを抑えたい方にはグリーンの化粧下地がオススメ!
グリーンの化粧下地には次のような効果が期待できます。

・赤みを抑える
・ニキビ跡をカバーする
・小鼻の横などの部分的な赤みをカバーする

赤ら顔の方が、グリーンの化粧下地を使うと、顔全体の赤みをカバーすることができます。

ただし、厚塗りすると、血色が悪く見えてしまう場合も・・。
赤みをカバーしたいのであれば顔全体でなく部分的に使用したほうが良い感じになりますよ。

こんな方は合わないかも?

グリーンの化粧下地は、肌の色が悪い方色白な方が使うと、余計に肌色が悪く見えてしまい不健康そうな肌に・・。

また、イエローベースな肌質だとグリーンの下地を使用したときに、メイクが浮きやすくなることもあるので注意しましょう。

「赤み」や「黄色み」をカバー!透明感のある肌が作りたい!

年を取るにつれ、肌の色が黄色っぽくくすむなんて方は多いですよね。
黄色っぽいくすみを解消するならブルーの化粧下地がオススメ!

  • 肌の黄色いくすみが気になる
  • 赤ら顔

ブルーの化粧下地はこれらの悩みを持つ人に向いていますが、グリーンの化粧下地と同じく厚塗りすると顔色が悪くなってしまうので注意しましょう。
ブルーの化粧下地を使う時は、顔の中心から全体に塗り広げ、フェイスラインを避けて塗るのがポイントです。

こんな方は合わないかも?

ブルーの化粧下地はグリーンと同じく肌の色が悪い方色白な方は合わないかも。
余計に血色が悪く、不健康そうに見えてしまいます・・。

ファンデーションに+αの効果を!ナチュラル感を作る!

色のついている化粧下地が多いですが、無色透明な化粧下地も存在します。
無色透明な化粧下地には次のような特徴があります。

  • ファンデーションのカラーをそのまま乗せることができる
  • どんな色の肌でも使用できる
  • ナチュラルメイク向き

色のついた化粧下地はくすみや赤みなどをカバーしてくれますが、自然な肌色を隠してしまいます。

無色透明な化粧下地なら自分の肌色を生かしたナチュラルメイクを作ることができます。

肌の色はそのままに、ファンデーションを乗せることができるので、より仕上がりがイメージできるのもメリットの一つ。

さらに、最近では美容効果が期待できる化粧下地もあります。

ツル肌(tsuru肌)の口コミは?本当に美肌効果はある?

こんな方は合わないかも?

無色透明な化粧下地は、色つきの化粧下地のように肌の赤みをカバーしたり、毛穴やくすみといった肌トラブルのカバー力は弱いです。
そのため化粧下地で肌トラブルをカバーしたい方には向きません。

ただ、ツル肌という化粧下地は、透明でありながら、カバー力もそこそこ高いのが特徴。
ナチュラルな雰囲気を作りつつ、カバー力が高い化粧下地がほしい方におすすめ!

化粧下地の選び方

化粧下地は肌の色をカバーしてくれるものが多く、色で選んでしまいがちですよね。
しかし自分の肌質にあった商品を選ばないと、化粧崩れ肌荒れを招く原因になってしまいます。

肌質を大きく3つにわけ、化粧下地のポイントをまとめてみました。

乾燥肌タイプ

肌の水分や油分が少なくカサカサしている方は、次の保湿成分が含まれている化粧下地を選びましょう。

【代表的な保湿成分】

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • レチシンなど

乾燥肌タイプは、化粧ノリが悪く、メイクの悩みも多いですよね。
化粧ノリを高める「化粧下地」は、とても重要になってきますよ。

オイル肌タイプ

肌の水分と皮脂が多く、Tゾーンがテカリやすいオイル肌の方は、テカリ対策効果の期待できる化粧下地を選びます。
商品選びに迷っときは、油分が少ないオイルフリーのものを選ぶようにしましょう。

また紫外線を浴びると、肌の角質層の水分バランスが崩れてしまい、皮脂がさらに分泌される原因になります。

なので、「SPFとPA」が含まれているものを選びましょう。

SPFとは「Sun Potection Factor」の略称で、紫外線によって引き起こされる急性炎症(サンバーン)を防止できる効果の程度を表すものです。
この数値が高いほど防止効果が高く、50以上の場合は「SPF50+」と表示されます。

PAは「Protection grade of UVA」の略称で、「UVA(長波長紫外線)」を防止する効果の程度を表します。
効果は「+」、「++」、「+++」、「++++」の4つで表示し、数が多いほど高い効果が期待できます。

混合肌タイプ

混合肌タイプは、肌の水分量が少ないのに油分が多い肌。
乾燥している部分皮脂が過剰分泌されている部分が混在している肌質です。

化粧品選びがとっても難しい肌質。

このタイプの人は、TゾーンよりUゾーンのほうが皮脂が少なく繊細な傾向にあります。
なので、基本的にUゾーンの状態で判断します。

肌のべたつきやカサツキが混在している場合は、乾燥肌と同じく保湿成分の含まれているものを選ぶようにしましょう。

まとめ

化粧下地は化粧崩れを防ぐだけでなく、肌色や肌トラブルをカバーしてくれます。

でも、色が合わなかったら逆効果。

しっかり「あなたの色」に合った化粧下地選びが大切です。

また、見た目や質感、カバー力も大切ですが、最優先すべきはあなたの肌質にあうかどうかです。
肌質に合わない化粧下地は、化粧崩れや肌トラブルの原因になってしまいます。

数ある商品から、あなたに合った化粧下地を選ぶポイントは、肌質にあった商品を複数チョイスして、その中からコントロールカラーを決めるようにしましょう。

執筆者:楪葉狼 様