洗顔料を使わないのはNG!?実際のところどうなの?

 

今回は「洗顔料は必要か」についての情報をサルベージしてきたよ。

  • 使ったほうが良いの?
  • 使わないほうが良いの?

なんて疑問がある方はチェック!

何気なく当然のように行ってきた「洗顔」ですが、実は色んな洗顔方法があるのをご存知ですか?

かくいう私も、なにげな~く毎日洗顔をしていました。
特に考えることなく。

実は、肌の状態は一人ひとり異なるので、あなたに合う洗顔方法が、他の人と同じとは限りません!

最近では洗顔料が必要以上に皮脂を落としてしまうことで、「乾燥肌」になる人が増えています。
そのせいか、洗顔料を使わない「水洗顔」が流行っていますよね。

こんなことを言われると、「私も洗顔料を使わないほうが良いのかも
なんて不安になってしまいますよね…。

そこで今回は、洗顔料を使わない「水洗顔」は本当にアリなのか、それともやっぱりナシなのか?
徹底的に調査と、私なりの結論を書いてみます!

そもそも「水洗顔」ってどんな洗顔方法?

水洗顔」と言われて思い浮かぶのは、「水で顔を洗うこと」だと思っている方は多いのでは?
実は当たっているけれど微妙に外れています。

水洗顔とは、水またはぬるま湯だけで顔を洗うというシンプルな洗顔法。
さらに、洗顔料を使わないだけでなく、スキンケア用品にも頼らない1周回った全く新しいスキンケア方法でもあるんです。

本来肌が持っている自然治癒力を最大限活かした方法なんですね。

洗顔料を使わなくてもOKな人とNGな人

洗顔料を使わなくても良い方は、ズバリ「メイクをしていない方」です。

メイク落としでキレイにするから大丈夫じゃないの?
ほら!こんなにキレイだよ!

実は、メイク落としだけでは、完全にメイクを落とし切れないんです。
見た目は綺麗に見えても、目に見えないメイク残りがあったり、クレンジング剤が残っている場合があります。

そのため、メイクを落とした後は「洗顔料」を使った洗顔が必要。

ちなみに、「クレンジング=洗顔」と思っている方はいませんか?
実はクレンジングと洗顔は全く異なるものなんです。

クレンジングと洗顔の違いって?

どちらも「顔の汚れを落とす」という意味では同じですが、実は対象となる汚れが異なります。

 

クレンジングとは・・
日焼け止めやファンデーション、口紅などのメイク、毛穴の角栓、黒ずみなど「油性の汚れ」を落とすもの。

 

洗顔とは・・
ホコリや汗など水で簡単に落とすことのできる「水性の汚れ」を落とすもの。

  • 油汚れをしっかり落とすことができる洗顔料は、メイクをした時に使う。
  • 逆に、メイクをしていないときは、原則水洗顔でOK!

ということですね!

では、メイクをしたときは、絶対に洗顔料が必要だけど、していないときはどうでしょうか?

例えば、朝とか休日。

もっと具体的に調査してみました!

洗顔料を使わなくてもよい人

洗顔料を使わない水洗顔が向いている方は、「敏感肌」「乾燥肌」タイプです。
この2つのタイプは、皮脂が少ないため外部からの刺激に弱いという特徴があります。

化粧品などのちょっとした刺激でも、赤くなったりかゆみを覚える方が多いですよね。

洗顔料は基本的に汚れだけでなく、「皮脂も落とす」ことが目的です。
過剰な皮脂は、ニキビや毛穴の詰まりなど肌トラブルを招く原因ですからね。

でも、元々皮脂の分泌が少ない方が洗顔料を使うと、必要な皮脂まで奪ってしまうんです!

皮脂は、肌のバリア機能です。
肌を保護するためにも、乾燥肌や敏感肌の方は「洗顔料を使わない」洗顔がオススメだと思います!

私も乾燥肌だったので、水洗顔をやっていました。
でも、夜だけは洗顔料を使うようにしました。
というのも、朝も夜も水洗顔だと、汚れが完全に落ちきれていないのかポツポツとニキビが出始めたんですよね。

朝は水洗顔。
夜は洗顔料でしっかり!
がオススメです!

普段の生活で付着するホコリや垢は、水やぬるま湯で簡単に落とすことができるよ!
でも、頑固な汚れはお湯だけでは不十分。

洗顔料を使ったほうがよい人

オイリー肌」や「混合肌」の方は、皮脂の分泌が過剰気味。
洗顔料を使ったほうが良いです!

皮脂は、油汚れです。

水と油は、なじむことがありません。
そのため、水やぬるま湯だけでは落としきれないんですね。

さらに眠っているときも過剰に皮脂が出ています。
なので、夜はもちろん朝も分泌された皮脂を落とすために、洗顔料が必要。

過剰な皮脂は、毛穴の詰まりや黒ずみ、肌のごわつき、さらにニキビなどの原因になります。

皮脂が少な過ぎなのも問題だけど、多すぎるのも問題なんだね‥。
バランスが大切なんだね!

ニキビ肌はどうしたらいい?

ニキビ肌で悩む人は本当に多いですよね。
最近は生活習慣が乱れている方が多いためか、更に増えた気がします。

ニキビの原因というと、「皮脂の過剰」と思っている方が多いですよね。
でも、それだけが原因ではありません。

皮脂を落としすぎる」のもニキビの原因なんです。

もし、あなたがオイリー肌なら洗顔料を使うだけでよくなるかもしれません。
でも皮脂を落とし過ぎている方は要注意。

インナードライ肌」が原因でニキビになっているのかも。

インナードライ肌とは?

肌の表面は皮脂で覆われているのに、肌の奥は乾燥している肌のこと。

 

肌の内側は乾燥しているので、水分の蒸発を防ぐために、皮脂が過剰に分泌されている。
乾燥性脂性肌」とも呼ばれている。

 

皮脂量が多く、オイリー肌と勘違いしやすいので注意が必要。

次のどれか1つでも当てはまるものがあれば、もしかしたらインナードライ肌でニキビになっているかもしれません!

  • 1日3回以上の洗顔を行っている
  • 洗顔時に2分以上時間をかける
  • 皮脂を落とそうと肌をゴシゴシ強くこすっている

インナードライ肌であれば、洗顔料を使わない水洗顔がおすすめ。
必要な皮脂を肌にキープし続けることが大切ですよ!

もちろん、「ストレス」や「ホルモンバランス」「食生活」など生活習慣の乱れもニキビの原因だよ。

洗顔料を使わないメリット!

洗顔料を使わない水洗顔は、皮脂の落とし過ぎを防ぐ以外にも色んなメリットがあります。
洗顔料をつかわないメリットとはずばりなんでしょうか?

肌の負担を必要最小限に抑えることができる

敏感肌や乾燥肌の場合は、ほんのちょっとの弱い刺激でも肌が過剰に反応してしまいます。
これは皮脂が不足して肌「バリア機能」が落ちているから。

洗顔料は、肌が必要な皮脂を落としてしまうだけでなく、「界面活性剤」など、肌に刺激を与える成分が含まれているものが多いんです。

洗顔料に含まれる肌に刺激を与える物質

よく洗顔料に配合されている刺激成分。

  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤
  • 鉱物油
  • 界面活性剤
  • アルコールなど

香料・着色料・防腐剤などの化学物質は、敏感な肌に刺激を与えて肌トラブルの原因に。

鉱物油や界面活性剤・アルコールは皮脂を落とす成分で、必要な皮脂を奪い去ってしまう。

またこれらの刺激成分は化粧品やシャンプーにも含まれています。
無添加・無着色」「アルコールフリー」などの商品を使うことで、肌トラブルを防ぎやすくなりますよ。

このように、水洗顔に切り替えるだけで肌トラブルの原因を減らすことができます。

そもそも、ず~っと昔の人は洗顔料なんて使っていなかったわけですから、必要ないのかもしれないですね。
今と昔を比べるのもあれだけど‥。

毛穴の開きを改善できる

水洗顔を実施した方の中には、
水洗顔に切り替えたら、毛穴の開きが目立たなくなった!
なんて、意見もありました。

女性にとって「毛穴が目立つ」のは致命的ですよね…。
何とか回避したいものです。

実は、毛穴の開きは「洗顔のし過ぎ」が原因の1つでは?と考えています。

毛穴の開きの原因!考察

 

必要な皮脂まで落とすと、乾燥を防ぐために逆に皮脂を出そうとして、「皮脂腺」が大きくなってしまう。

これが、毛穴の開き?

 

オイリー肌の人でも、必要以上に洗顔をすると、肌のバリア機能が低下→毛穴が広がって見える。

 

※ただし、遺伝で毛穴が元々大きい人もいるみたいです。
この場合、水洗顔に切り替えても毛穴を目立たなくするのは難しいかも?

このような方は、水洗顔で毛穴を目立たなくできるのではと思います!

  • 1日の洗顔回数が多すぎる
  • 洗浄力が強すぎる洗顔料を使っている
  • 毛穴が大きい遺伝子を持っていない

お財布に優しく手間も省くことができる

水洗顔は洗顔料を使わないので、とっても経済的。
お財布に優しいですし、洗顔料を泡立てる時間や手間を省くことができます。

今って、洗顔料だけでも数千円しますよね‥。
私も洗顔料を使ってたときはあまりの高さに驚いたことがあります。

毎月買い換えることを考えると、年間数万は余裕で超えちゃいますよ。

水洗顔に切り替えるだけで、かなりの節約ができますよ!

ただし!メイクを落とすときは洗顔料が必要だよ。
使用回数が減るから節約になるのは変わりないけどね!

洗顔料を使わないデメリット!

肌トラブルに悩んでいる人には良いことばかりな印象のある水洗顔ですが、デメリットもあるんです。

過剰な皮脂や汚れを落とすことができない

洗顔料はきちんと泡立てて使用することで、毛穴や肌の奥の汚れまで落とすことができます。
でも水洗顔は、洗浄力が弱すぎるため汚れを落としきれません。

そのため細かな汚れや古くなった角質が少しずつ溜まってしまいます。
こうした肌のゴミが蓄積すると、くすみやにきび、ごわつきといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

特に皮脂の量が多い方は、水洗顔だけだと肌の調子を崩してしまうかも?

水洗顔でターンオーバーが乱れる

余分な皮脂や古い角質をしっかりと落としてあげないと、新しい肌細胞が正常に成長できません!

皮膚は、「新しく生まれては、剥がれる」を一定の周期で繰り返しています。
この「出来上がってから剥がれ落ちるまで」の期間のことを「肌のターンオーバー」と呼んでいます。

この周期は、個人差や部位によって差がありますが、だいたい28日周期で行われています。

このターンオーバーこそ美容には欠かせないといわれているくらい重要なんです。

水洗顔は、肌の汚れを落としきれないためターンオーバーの邪魔をしてしまう可能性があります。

美容液などの浸透が悪くなる

朝、洗顔をせずに化粧水や美容液を直接つけるという美容法が流行っていますよね。

でも、睡眠中についた汚れや皮脂、古い角質が残ったまま基礎化粧品をつけてもあまり意味がありません。
肌に残った汚れが邪魔して、上手く浸透できなくなるんです。

私は、朝は水洗顔で、夜は洗顔料を使って洗顔しています。
それで気づいたのですが、朝と夜では、全然浸透力が違うんですよね。

洗顔料を使って汚れを落とすと、美容液もスーッと馴染んでいきます。
でも、水洗顔だけだと、ごわついた感じ?というか浸透していかない感じがします。

化粧水や美容液の説明書には「洗顔後に使う」なんて書いてあるよね。
理由はそういうことなのかも?

水洗顔のコツ!4つのポイント

水洗顔は水やぬるま湯だけで洗顔するだけ。
すごく簡単ですが、実はちょっとしたコツがあります。

力を入れてこすらない

洗顔料を使わないので、ついつい指先に力を入れてしまいがち。
肌を強くこすってしまう人が多いんです。

でも肌を強くこすればそれだけ肌の刺激に…。
水洗顔に限ったことではないですが、洗顔は優しくするのが基本です。

なるべくぬるま湯で洗う

目を覚ましたいから
夏で暑くて、冷たい刺激がほしい

など、冷たい水で洗顔してしまう方も多いと思います。
でも冷たい水は、肌の刺激になるだけでなく、毛穴を引き締めてしまい、余計に汚れが落ちにくくなります!

適温は、「少し冷たい」と感じる程度(32度くらい)と言われています。
逆に熱すぎるお湯は、毛穴を開きすぎる上に必要な皮脂が落ちてしまうので注意!

ぬるま湯で洗顔した後に冷水で肌を引き締めるのはOKですよ!

混合肌は部分的に水洗顔にする

混合肌タイプの方は「皮脂の多い部分だけ洗顔料を使う」のがおすすめ。

Tゾーン・Uゾーンは他の部位に比べて皮脂が多いです。
なので、この部分だけ洗顔料を使って、それ以外は水だけで洗います。

こうすることで、皮脂を落としすぎるのを防ぎ、残しすぎるのも防ぐことができます。

水洗顔に切り替えたらスキンケア用品を見直す

洗顔料を使わない洗顔に切り替えると、必要な皮脂をキープできるようになります。
すると、肌質も変化してきます。

今までちょうど良い保湿力だと感じてた美容液が、逆にべたつきを感じるようになってきます。

肌の調子に合わせてスキンケア用品も切り替えていくのがポイントです!

実際のところどうなの?水洗顔はアリ?ナシ?

水洗顔について解説してきましたが、「アリ・ナシ」でいうなら、私はアリだと思います!

ただし洗顔料を使わない水洗顔は肌質によって向き・不向きがあります。

もともと皮脂が多いオイリー肌は、皮脂を十分に落とすことができません。
なので、洗顔料を使って、皮脂のコントロールをしたほうが良いです。

逆に敏感肌や乾燥肌は、洗顔料を使わないことで、必要な皮脂をキープできるようになります。

自分の肌質をきちんと理解したうえで、洗顔料が必要かどうか決める必要があるんだね!