陶器肌を作る!40代にオススメのファンデーションの選び方!

今回は、40代から始める陶器肌作りについての情報だよ。
陶器肌、作りたいけどもうムリでしょ・・。と諦めている方はチェック!

女性なら誰もがうらやむ「陶器肌」ですが、40代だから・・・。と諦めていませんか?

年だからと諦めてはいけません!

日ごろのスキンケアも大切ですが、40代の肌にあったスキンケアを行い、肌にあったファンデーションを選ぶことで、陶器のような美肌を手に入れることは可能です!

今回は40代でも陶器肌が作れるファンデーションの選び方をご紹介します。

そもそも陶器肌とは?

まず、「陶器肌」とはいったいどんな状態の肌のことを言うのでしょうか?
「陶器肌」の条件には次のようなものがあります。

  • ニキビなどの吹き出物や、シミ・しわ・くすみといった肌トラブルがない
  • 毛穴が開いておらず、つるんとしたゆで卵のような質感
  • 肌のテカリや乾燥もなく、しっとりしている
  • メイクを施してもすっぴんのような見た目になることが多い

陶器肌はその質感から「人形みたいな肌」ともいわれています。

40代にオススメのファンデーションの選び方!

40代になるとホルモンバランスの崩れやストレスによる肌荒れ、そしてシミやシワ・くすみ・ほうれい線など肌の悩みが増えてきます。
スキンケアだけでカバーできない部分を、ファンデーションでしっかりカバーしましょう!

陶器肌を目指す40代は、次のポイントに注意してファンデーションを選びましょう。

保湿力

40代になると、肌がとっても乾燥しやすくなります。
本来肌が持っている保湿力が衰えてきているんですね‥。

ちなみに、肌が持っている自然治癒力を活かした「あえて何もしないスキンケア」がありますが、40代では通用しません。
というのも、肌の保湿力は年々衰えていくんです。

もっと具体的に言うと、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「細胞間脂質」といった潤い成分が作れなくなってくるんです。
だから、美容液などで補って上げる必要があります。

ファンデーションを選ぶときは、保湿成分がしっかり含まれているか確認しましょう!
特に、「セラミド」、「プラセンタ」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」などが含まれているものがオススメです。

陶器肌の敵である「シワ」や「たるみ」をケアしやすくなりますよ。

UVカットなどの紫外線対策

ファンデーションや化粧下地の表記に「SPF」や「PA]といった表示のある商品があります。

「SPF」とは「UVP(中波長紫外線」が引き起こす急性肌の炎症を防止する効果の高さを表示しています。
MAXで50となっていて、それ以上の高い効果が期待できるものは「50+」という表示になっています。
「PA」は「UVA(長波長紫外線)」の防止効果を表しており、「+」の数が1~4で表示され数が多いほど防止効果が高いです。

紫外線は、肌を破壊します。
でも、SPF/PAが高ければ良いというわけでもありません。

防止効果が高い=肌の刺激も強い

特に、肌の上で化学反応を起こすことで、紫外線を防ぐ紫外線吸収剤には注意してください。
肌の刺激成分と言われていて、敏感肌の方は刺激が強すぎるかも。

陶器肌を作るためには、こうした刺激成分を排除することも大切です。

美白効果

ファンデーションには美白効果の期待できる「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」といった成分が配合されているものがあります。
これらの成分には、スキンケア効果も期待できるのでオススメ。
でも、美白・美容成分が含まれているファンデーションはお値段もそれなりに高くなってしまいますので、お財布と相談して!

無添加のものを選ぶ

肌へ刺激を与える防腐剤やアルコール、吸収剤といった成分が含まれていないものを選らびましょう。

一日肌につけるわけですから、敏感肌の方でなくてもできれば避けたいですね。
添加物が含まれていない「ミネラルファンデーション」なんて商品もありますよ。

カバー力は大事!

あなたの肌にあったカバー力のあるファンデーションを選ぶのはとても大切なことです。

陶器肌は、均一に整った肌です。
肌トラブルをしっかりカバーできるファンデーションを選ぶことが大切です。

ファンデーションには、パウダー、リキッド、クリームといった様々なタイプがあるので、あなたの肌にあったタイプを選びましょう。

陶器肌を作るにはスキンケアが重要!

陶器肌の人は肌の状態がとてもよく、すっぴんでも綺麗な人が多いです。
目立った肌トラブルがないというのも、うらやましい限りですよね・・。

メイクノリの良しあしは素肌の状態に左右されるので、日頃のスキンケアが重要なポイントになってきます。
誰もがうらやむ陶器肌になるためには、ファンデーション選びも大切ですが、スキンケアはそれ以上に重要!

洗顔方法を見直してみる

スキンケアの見直しは、まず洗顔方法から。
洗顔で肌や毛穴の汚れを落とすのが重要なポイント。

飲み会で帰宅時間が遅くなって、ついそのまま寝てしまったりということはありますよね‥。
洗顔を怠ってしまうと、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

ただし!しっかり洗えば良いわけではありません。
力を入れてゴシゴシ洗うのは絶対NG!

35度くらいのぬるま湯でしっかり泡立てること。
そして、泡で優しく顔を包み、円を描くように両手でなじませてから、しっかりと洗い流しましょう。

この時、2度洗いを行う人がいますが、2度洗いは肌に必要な皮脂まで落としてしまうのでやめましょう!

化粧水はたっぷりだけど乳液は適量を!

洗顔後の化粧水は肌の水分を補いキメを整える効果があります。

化粧水いらない説がありますが、陶器肌を作りたいなら、化粧水は絶対必要だと思います!
高価な化粧水でなくとも、プチプラの化粧水でも十分保湿を行うことができます。

化粧水をつけるときは、手で塗り拡げるのがコツ。
手の温度で化粧水があたたまるので肌の奥へ浸透しやすくなります。

ちなみに、化粧水のつけ過ぎはNG。
逆に肌の乾燥を招いてしまいます。

乳液は、肌の乾燥を防ぐためにも必ず必要ですね。
しかし乳液自体「脂分」なので、つけすぎてしまうと肌が油ぎって、肌荒れの原因になることも。

私も「保湿のために!」と思って、乳液をたっぷり使っていた時期がありました。
これ、だんだん痒くなってくるんですよね。
痒すぎて、思いっきり爪で掻いちゃうのですが、そのたびに赤く荒れてしまいました・・。

乳液は、自分の肌質に合わせた量と自分にあった商品を選ぶことが大切ですよ!

カサツキがひどく乾燥肌の方は、保湿効果が高いしっとりタイプセラミド配合のものがオススメ。
逆におでこなどがテカってしまいやすい脂性肌の人は、さっぱりしているクリームタイプの乳液か、脂分より水分が多めのジェルタイプの乳液がオススメです。

UVケアは通年行う!

太陽の日差しが強い夏場だけUVケアを行う人が多いですが、陶器肌を目指すのであれば季節は関係なしにUVケアを行う必要があります。

あまり意識をしていない人が多いですが、紫外線は太陽の光に含まれているものなので、一年中降り注いでいます。
一般的に紫外線によって肌が受けるダメージは、すぐに現れるものではなく蓄積されることにより肌トラブルを引き起こします。

外出中のメイク直しなどを考えると、普段からメイクの上からつけることのできるスプレータイプの日焼け止めなどを用意し、一年中UV対策を行いましょう。

まとめ

美肌や陶器肌を意識して高額をかけてエステでケアを行う人もいますが、普段のスキンケアを意識して行うだけで手に入れることが可能です。

諦めたらそこで終わりですよ!

普段のスキンケアを頑張りつつ、自分の肌にピッタリなファンデーションを選んで陶器肌を手に入れましょう!

執筆者:楪葉狼 様